人工芝の基礎知識を学ぼう!メリット・費用相場・メンテナンス方法などを徹底解説!

このサイトでは、人工芝の基礎知識を中心にメリットや費用相場、メンテナンス方法などについて初めての人でも分かりやすく解説します。
一般的には施工業者に依頼するケースが多いけれども、DIYで行うことはできるのだろうか、もしできるなら大幅な費用削減が期待できるメリットもあるわけです。
また、施工業者を選ぶときのチェックポイントには何があるのか、業者を利用して設置を考えている人にも役立つ情報をご紹介しています。

人工芝の基礎知識を学ぼう!メリット・費用相場・メンテナンス方法などを徹底解説!

ホームセンターで販売している人工芝の多くは、パイルと呼ばれる芝の密度が比較的低く、生地も薄いタイプが多いなど利用する材料そのものが少ないため製造コストを抑えている、結果的にリーズナブルな商品が多いようです。
安いものは耐久性に劣るなど人工芝をこれから設置する中での基礎知識として捉えておきましょう。
特に、パイルの密度が少ないものは天然芝のような装いを作ることはできないので、天然芝のような雰囲気にする場合は人工芝をしっかり厳選することが大切です。

人工芝にはどのようなメリットがある?

人工芝は、天然芝と比べて初期費用が高いものの、1年中緑の景観を楽しめるというメリットがあります。
天然芝は、冬になると枯れてしまいますが、人工芝であれば年間を通してキレイな緑色の芝生を維持することができます。
加えて、日当たりが悪い場所でも土がない場所でも施工できるのも魅力です。
お手入れが楽なのもメリットのひとつです。
天然芝の場合、キレイな状態を維持するには水やりや草刈りなどのメンテナンスが欠かせません。
一方で、人工芝の場合は掃除機やホウキでゴミを除去する程度で済むので、お手入れが面倒という方に最適です。
さらに、初期費用は天然芝よりも高いものの、天然芝のように芝刈り機や肥料などを購入する必要がないため、維持費用はほとんどかかりません。
また、正しく施工することが前提条件となりますが、人工芝を敷くと雑草が生えにくくなります。
日々の草むしりの手間が抑えられるとともに、エサが減ることで虫も寄り付きにくくなるため、虫が苦手という方にもおすすめです。

人工芝のデメリットも知っておこう!

人工芝は、年間を通してキレイな状態を維持できるとともに、メンテナンスがほとんど必要ないといったメリットがありますが、初期費用は天然芝と比べると高めです。
人工芝を敷くためには、芝本体に加えて、下地材や防草シートなども必要で、業者に施工を依頼する場合は施工費用もかかります。
特に、芝にリアルさを求めると費用が高くなる傾向があるので、この点は念頭に置いておきましょう。
天然芝と比べて寿命が短いのもデメリットのひとつです。
人工芝は、どれだけ丁寧に管理していたとしても8~10年ほどで寿命を迎えます。
8~10年ほどで張り替えが必要になるので、再び最初に施工した際と同じくらいの費用がかかってしまいます。
また、寿命を迎えなくても、使用するとともに芝の根が寝てしまいます。
これに関しては仕方がない部分ではありますが、デッキブラシなどで逆方向にブラッシングすることで芝を立たせることは可能です。
その他にも、人工芝は天然芝と比べて季節感を感じにくく、耐熱性が高くないためバーベキューなどの際は耐熱シートが必要といったデメリットもあるので注意が必要です。

天然芝よりも人工芝がおすすめの人とは?

庭などに芝を用意したいと考えている人は少なくないはずですが、基本的に天然芝か人工芝のどちらかを選ぶことになるはずです。
天然芝はネーミング通りに天然の芝になりますから、土に植えることで実際に育てることになります。
そのため水やりなどを適切にやらないといけませんし、伸びてきた場合は芝刈り機などでメンテナンスをすることになるはずです。
人工芝は人工的に作られている芝になりますから、当然ながら設置をすることができれば、そのままの状態で空間を使うことができます。
芝が伸びてしまうようなこともありませんし、水やりなどの管理も不要なので誰でも安心して緑の空間を作り上げることが可能です。
基本的に人工芝がおすすめの人は日頃から管理をするのが面倒に感じる人や、虫などが苦手な人が該当してくるかもしれません。
人工芝は圧倒的に管理する時間が減ります、適切に設置することで虫などが発生するのを軽減することができますから、そのようなことにメリットを感じる人におすすめできます。

人工芝はどのような流れで施工される?

自分の家をきれいに見せるためには、その庭をきれいにすることが重要になります。
例えば、人工芝などをしてみるのが良いかもしれません。
自然の芝でも良いかもしれませんが、自然の芝は冬になったら枯れてしまいます。
種類によっては枯れないものがあるものの、一般的に日本で流通しているものや日本の気候に合っているものは秋位になると少しずつ茶色くなり、翌年の4月位まではその状態が続いていくでしょう。
加えて、6月から8月はよく芝生が伸びるため定期的にメンテナンスをしなければいけません。
これがなかなか面倒な部分もありますので、それならば人工芝の方が良いときます。
人工芝を設置する場合、どのような流れになるかと言えばまず種類から選ばなければいけません。
そして専用の業者にお願いをしてどの程度の面積を人工の芝にするかを決めることが必要です。
リアルなものほど、費用がかかりますのでその点はしっかりと見積もりを出してもらった方が良いといえます。

人工芝に関する情報サイト
人工芝の基礎知識

このサイトでは、人工芝の基礎知識を中心にメリットや費用相場、メンテナンス方法などについて初めての人でも分かりやすく解説します。一般的には施工業者に依頼するケースが多いけれども、DIYで行うことはできるのだろうか、もしできるなら大幅な費用削減が期待できるメリットもあるわけです。また、施工業者を選ぶときのチェックポイントには何があるのか、業者を利用して設置を考えている人にも役立つ情報をご紹介しています。

Search